平成29年度開園中

鳥取県西伯郡大山町門前996

TEL・FAX(自宅) 0859(54)4007

(ブルーベリー園) 0859(54)4757

 

当園で栽培中の一部品種の特徴をご紹介します。

 

表の見方

栽培品種名(果実の大きさ)

※平成29年1月現在の栽培品種です。

※二重枠の品種は平成29年度に新しく植えた苗の品種です。

 お客様に摘み取っていただけるのは何年も先ですが、新しい品種もあるので収穫出来る日がとても楽しみです。

●北部ハイブッシュ

ブルーレイ(大)

アーリーブルー(中~大)

レイトブルー(中~大)

デキシー(大)

チャンドラー(超大)

エリザベス(大~極大)

ダロウ(極大)

スパルタン(極大)

ネルソン(大~極大)

ブリジッタ(大)

レガシー(中~大)

ブルーチップ(大)

ビックスター®(大)

ルリカ®(大)

 

●南部ハイブッシュ

サンシャインブルー(中)

オーザックブルー(大)

エリオット(中)

オニール(大)

●ラビットアイ

グロリア(大)

T-100(大)

ブライトウェル(大)

ホームベル(小~中)

ティフブルー(中~大)

パウダーブルー(中~大)

ウッダード(中~大)

サウスランド(中)

モンゴメリー(中~大)

●ハイブリッド

●北部ハイブッシュ

ブルーレイ

甘味と酸味のバランスがとても良く、当園での栽培数も多く人気商品です。

 

スパルタン

最大果は6グラムをを超え、食味も良く、早生では人気の高い品種ですが、栽培が難しくプロ向けの品種とされています。

 

チャンドラー

ブルーベリーの中では最大品種。

 

ブリジッタ

果皮はしまり酸が適当で非常に甘い。生食向き。

 

ネルソン

果皮は明るいブルーでブルーム多く見栄えがする。果肉はしっかりしていて香りが良く、 輸送性にも富む。

 

レイトブルー

果皮は明るいブルーでブルームが多く美しい。果肉は硬く、しっかりしていて輸送性に富む。

 

レガシー

果肉がしっかりしていて輸送性、貯蔵性に富む。甘く、適当な酸味もあるため日本人好みの品種。

 

ブルークロップ

安定した生産性、作りやすさ、貯蔵性で現在、各国栽培品種の中で中心品種になっている。

 

アーリーブルー

果形は扁円でブルーム多い。果皮は明青色で丈夫、裂果は少ない。果実の日持ちも良い。

 

ビックスター

果実はチャンドラー並みに大きい。果汁多く、ピンク。

 

サマースカット

甘味・酸味のバランスが良い。風味が特徴的。

 

ブルーラプソディー

大粒な中手種。

 

ルリカ

果肉が緻密なため日持ちが良い。未塾果は酸味が強い。

 

●南部ハイブッシュ

オニール

果肉硬い。生食・加工両方に向く南部ハイブッシュの中で香り最高。食味優良。

 

●ラビットアイ

ホームベル

収量多い。果皮は青色で、ブルーム少ないので黒く見える。芳香あり豊産性。

 

ティフブルー

果肉がしまり、輸送性、貯蔵性に富む。完熟前は酸が多いので、早取りをしない。

 

バルドウィン

 

果皮は柔らかく暗青色でブルーム少ない。甘味多く食味が良い。収量の多い品種。

 

T-100

果皮は硬く濃いブルーでブルーム多く見栄えする。果肉はしっかりしていて輸送に適する。 果汁多い。

 

パウダーブルー

果皮は明るいブルーでブルーム多い。果肉は硬く、裂果少なく日持ちが良い多収穫品種。 暗青色になるまで収穫を待つとすばらしい食味となる。

 

グロリア

果粒が大きく甘味が多く収量が多い早生品種。

 

モンゴメリー

梅雨期でも裂果が少ない。搾汁液に紅色素(ポリフェノール)が多い。

 

●ハイブリッド

ピンクレモネード

果実は甘く、レモネードのような味わいです。そして、果実は硬く、すばらしい食感です。 ピンク色のブルーベリーですが、他のブルーベリー同様に栄養豊富です。